MENU

群発頭痛とは

群発とは、一定の時期に集中して起きる状態のことであり、群発頭痛も一定の期間に集中しておこる頭痛です。
発作の起きる時期も、多いのは季節の変わり目に多く、1〜2ヶ月も続けて頭痛が起こるようになります。
20代〜30代の働き盛りの男性に多いのも特徴です。


群発頭痛の特徴

  • 痛む場所・・・片側の眼の奥
  • 痛み方・・・突然、片側の眼の奥がえぐられるような激しい痛み
  • 痛みの程度・・・痛くてじっとできない。痛みを紛らわすために、壁に頭をぶつけたくなるほど痛い。
  • 頭痛以外の特徴・・・頭痛が起こっている側の目の充血・涙・鼻水・鼻づまりを一緒に伴うことが多い

痛みの頻度、持続期間

痛み自体は、15分〜数時間
頻度は、半年から2年に一度、1〜2ヶ月の間に集中して起こる